カテゴリ:others( 68 )

日本シリーズ開幕

山田、うるさい!
こんばんは、僕です。

日本シリーズとは野球人にとって最高の晴れ舞台。
選手はいつも以上に気合がはいります。

それは至極当然のこと。
それを我々も期待しているのですから。

だからといって解説者もテンションをあげなければならないのか?
その問いに対する答えはノーです。

なぜならば我々が期待していないから。

解説者は解説をする者であって予想屋ではありません。
見ている人間に「ちなみに、今の打者心理はこうだったんですよ」とか軽いタッチで教えてあげるだけでいいのです。

「これからこうなりますよ」とか「今日はこういうリードで抑えられますよ」みたいなのは余計なお世話です。
特に野球を知っていて、自分もある程度の予想をしながら野球を見たい人間にとっては本当にうざい。

山田、おまえのことだぞ、よく聞けよ!

予想とは誰しも当たればうれしいもので、スポーツを楽しんで観戦するにはある種不可欠なものだと思います。
ただ、人に当てられると不思議とおもしろくない。

山田、おまえの予想はよく当たる。
特に今日のおまえは冴えている。
だったら監督のときにどうしてもっと勝てなかった?
おまえは予想屋としては一流だが解説者としては二流だ。
そして監督としては三流だった・・・

と、理詰めで黙らせてやりたいくらい僕は山田に日本シリーズを邪魔されています。

あともう一つ気にくわないところがあります。

パチンコ屋をスポンサーにするな。
品格が下がる。
くれぐれもPRIDEとかK-1と一緒じゃないんで。

ついでにもう一つ言いたいと思います。
いい機会なので。

スポーツをTBSで放送しないでください。

同様に品格が下がります。

なんかいつもいつもプロレスみたいな作り方で、飽きました。
うんざりです。

オールスターなら分かりますが、日本シリーズで、それも試合中に「SHINJOラストダンス最終章」とかテロップ入れますか、普通?

亀田の試合ちゃうぞ、と。

野球とかサッカーみたいな国民的スポーツって奇をてらう必要ってないと思うんです。
むしろ落ち着いて見させてください、というか何というか。

制作されたスポーツって一番おもしろくないんですよね。

ありのままでおもしろいスポーツを人工的におもしろく劇画的に放送しようと意図する時点でもう当初のスポーツの精神に反してるわけですから。

松本人志に放送作家の意図通りボケさせるのと同じです。

余計なことするな、と。

TBSはいまだに数年前の「ガチンコ」のままです。
愚かです。

最後に、山田について。

山田久志、元・阪急(今はオリックス)の大エース、サイドスロー、右投げ、落合の前に中日の監督をしていた。

球史にその名を刻む大エースも僕に言わせれば1行です
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-10-21 21:19 | others

単語

最近の悩みはもっぱら指のささくれです。
こんばんは、僕です。

巨人が優勝する夢を見ました。

マウンドには剛腕の織田信成がいました。

意味不明でした。

笑って起きた経験は今までにあまりないような気がします。

疲れているんでしょうか、それとも、絶好調なんでしょうか。


そういえば最近、買い物の方が絶不調でトレンドが分かりません。

シーズン立ち上げ時にクリスヴァンアッシュに若干投資したくらいでしょうか。

あとは特に何も。

マルタンマルジェラがここ最近不発に終わっているので、
最近の僕は少しDiorに浮気をしてしまいました。

とは言っても盛者必衰は世の常なり。

だから僕がベルンハルト・ウィルヘルムを着たくて着たくてたまらなくなる日が来ないとは決して言い切れないのです。
そう、それは誰にも分かりません。

でもアタッチメントとかガラアーベントとかは着ないと思います。

似てるし。

モーニング娘。の区別がつかないことを自慢げに話していた7年前のオヤジの領域に僕も片足
を踏み入れようとしています。

ここで問題なのは知ろうとしないこと、手を抜くことです。

実際に買ってみればアタッチメントは予想以上に素晴らしいかもしれません。

それにしても最近バンドやブランド、一語の英単語多いですね。
単発系の。

分かりやすいようで分かりにくいです。
同様に覚えやすいようで覚えにくい。

パンチの効いた単語ならいいんですけどね。

となると、キュウリ、冷蔵庫、おすすめです。

僕が中学生のときにどうしても書けなかった二つです。

デザイナーのみなさんご検討よろしくお願いします
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-10-16 21:58 | others

パスワード

やっと思い出した・・・
こんばんは、僕です。

よかった、よかった
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-10-10 20:59 | others

仕返しはトヨタにしてもらおう

アメリカよ、それでいいのか。
こんにちは、僕です。

僕は怒っています。
そして残念です。

どうして野球にもVTR判定を導入しないのでしょうか。
どうせチンタラやってるんだから少しくらい試合を止めてもいいじゃないですか。

まぁ今回は審判が予想以上にイタかったのでもう何も言いませんが、あれだけ楽勝でホームインしたタッチアップでセコイ文句をほざくアメリカ人もあわれでした。
そこがメジャーのすごさなのかもしれません、がしかし、そんな姿は見たくなかった。

メジャーリーガーはセコイ。
僕は考えを改めることにしました。

もし監督が星野さんだったら審判がおしっこをちびるくらいキレていたと思います。
そして隣でひそかに島野もキレていたと思います。
そう考えると王監督の抗議には少し物足りないものがありましたが、うちの母は「そこが世界の王たるゆえんなのよ」と僕に教えてくれました。
そして「西岡はまだ若い、イチローなら少しタイミングを遅らしてスタート切ってたはず」と続けました。
母は小林繁のファンだったころからずっと野球を愛し続けているのです。
時々、詳しすぎて僕でも分からないことがあります。

それにしてもすごい緊張感でした。
早起きではなく夜更かしを選んだためかなり眠かったのですが、そんなことを忘れさせてしまうような試合でした。
薮田すごかったですね、日本シリーズではムカつきましたが。
味方になると頼もしいです。

イチローが「日本の野球のために」という言葉を繰り返し使っていましたが、まさに日本の野球のために素晴らしい試合をしたと思います。
サッカー日本代表の試合は本当におもしろくないので見る気にすらなりません、WBCをきっかけに野球の人気が回復すればうれしく思います。
だって日本が世界レベルで戦える唯一のメジャースポーツなんですから。

アメリカに勝っていればもっと違った感動があったんでしょうけどねぇ・・・
悔やまれます。

あの審判2回死んだらいいのに。
一度死ぬということの恐怖を味わったうえでもう一度死ねばいいのに。

腹が立つのでGMは確実につぶします、決定しました。

勝つことよりも大事なことは勝負をするうえでは決してないと思うんですけど、それに近いものを僕は日本から感じたような気がします。

だからサッカーより野球を見てください
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-03-13 17:57 | others

たまにはこんなのもいいでしょ

そういえばそんなこともあったなぁ・・・
こんばんは、僕です。

天上天下唯我独尊と人畜無害の真面目な馬鹿。
普通なら友達としての関係はまず成り立たないですよね。

でもたぶん人間、たった一つのことで十分なんですよ。
僕らの場合はそれが「服」だったっていうだけなんですけどね。
逆に女の子みたいになんとなーく友達でいられる的な考え方の方が僕には不思議です。

別に他に何もなかったってわけじゃないんですけど、でも他に何かあったかなぁ・・・

テストのたびに「メールお願いします!」って頭下げに来るし。
テスト中にメールで答えを教えろってことですよ。
「おまえはバカか?」と。
まぁバカなんですけどね。

キーパーもろくにできないし。
机の中汚いし。
靴汚いし。
絵が好きなのかな、と思ったら複教科は音楽選択してるし。
変な奴だらけの中でいい子ぶろうとするし。

でも人畜無害なんで僕にとって居心地は悪くなかったような気がします。
「殺すぞ」って500回は言ってると思いますけど。

そういえば彼はダブルタップスのシェマグも徹夜で並んでましたね。
買えなかったそうですけど。
後日、プレ値で買った汚い布をうれしそうに首からぶら下げてました。

それにしても当時の僕は何を考えていたんでしょう。
かなりイッてますね。
忘れてました。
○○、××、△△さんにはクラスメートの女子が入るはずです、きっと。
彼はいまだに忘れられないのでしょう、かわいそうに・・・

この時は見るに見かねた店員がわざわざ外で待ってる僕らに入荷を伝えにきてくれたんでした。
3度目の正直でした。
何も入荷してない日でさえ並び続けた甲斐があったというものです。

そして僕は何も考えずブルーを取りました。

彼はそんなことを考えていたんですね。
5年間ずっと自らの意思でピンクを選択したと思ってました。
なんかそんな小説ありましたね。

なつかしいなぁ・・・

なつかしい、それは時に寂しい言葉です。

人は今この瞬間より先の世界でしか生きられません。
過去は記憶がある限り何度も振り返り、そして浸ることができます。
しかし、僕らはどうあがいてもその世界で生きることはできません。

今を生きる僕らが過去の思い出を「なつかしい」と口にしてしまうのはどうしてでしょう。
そこにはどんな意味があるのでしょう。

美しい過去から明日を生きる力を得たいのでしょうか。
見えなくなってしまった希望の光を過去に求めているのでしょうか。

過去は自分が生きた時間です。
キラキラした過去はその時の自分がキラキラしていたことを今の自分に教えてくれます。
なつかしいという言葉はそんな過去の自分を誇らしく思わせてくれたり、あるいは純粋な憧れとして捉えさせてくれる部分があります。
でも、なつかしいという言葉は今と切り離された言葉です。
そして、あるべき場所にきちんとおさまっている過去を無理やり今へと引っ張りだす魔法です。
だから自分で自分に魔法をかけようとしているだけなんですよね。

なつかしい、それは時に寂しい言葉です。
魔法はいつか解けてしまうからです。
そう自分に言い聞かせて、僕の思い出にトラックバックします
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-03-03 01:38 | others

ギフトという単語じゃ何となくだめなんですよね

ヘルムート・ニュートンがどこのどいつかは知りません。
こんばんは、僕です。

ナイスなお土産を手に彼女が帰ってきました。。
b0068714_25203.jpg

伊勢丹でギャルソン主催の個展をやってたのは知っていたのですが、特に縁もないので気にしていませんでした。

でも、縁ができました。
b0068714_284559.jpg

マグネットとマネークリップです。
1701円と2552円だそうです。

高っ・・・(笑)

僕なら絶対に買いません。

「自分では買わないけど・・・」
そういうものをもらえた時って普通にうれしいですよね。
だから僕はいつもそういう基準でプレゼントを選ぶようにしています。

欲しいけど買わない。
これは買えないとは少し違います。

買えないものはお金がなくて買えないだけで、いつか買える日が来るかもしれません。
でも買わないものはたぶんいつまでたっても買わないと思います。
だから、きっと値段じゃないんですよね。

ふと、昔ハンガーを20本プレゼントしてくれた人のことを思い出しました。

いつも欲しいと思いながらも、わざわざ買う気にはならなかったんです。
それをその人は埋めてくれました。

プレゼントでそういう隙間みたいなのを誰かに埋めてもらえたら素直に「うれしい」でしょ?

特別な日じゃなく、ふとした時にそういう贈り物ができるような人間になりたい、と思ったいつかの僕でした
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-02-24 02:42 | others

なぜならみかん農家の孫だから

b0068714_20215312.jpg

趣味はトゥを光らせることです。
こんばんは、僕です。

今日みたいに寒い日はコタツでみかんと言いたいところですが、ウチにはコタツがありません、そして僕はみかんが嫌いです。
こんな日は玄関で靴を磨くにかぎります。

愛用の靴磨きセット。
b0068714_2024761.jpg

特に豪華なものは必要ありません、化粧品と同じです。
左からブラシ、シュークリーナー、シュークリーム、布きれ、仕上げの布きれ、ミンクオイル。
クリームはサフィールのようなビンよりはチューブの方が使いやすいのでリーガルを好んで使っています。
乳化性の方が綺麗に仕上がります。

まず全体をブラッシング、シワ部分や縫い目もしっかりホコリを落とします。
ブラシは馬毛と豚毛がありますが、納得する方を使ってください。
「馬毛、高すぎ」と納得いかなかった僕は豚毛を使っています。

次に全体にクリーナーをつけていきます。
少しづつ、丁寧に、革の繊維の向きを意識しながらです。
布きれを人差し指にぐるぐる巻きにして輪ゴムでとめるとやりやすいです。
次第に指が冷たーくなってくるので気をつけましょう。
布きれは古いTシャツを細かく切ったものが便利です。

力は必要ありません、必要なのは根気です。
そこに優しさがあればもう言うことは何もありません。
あわせてforeplayの技術も向上することを心よりお祈り申し上げます。
原理は同じです。
単語の意味が分からない人は辞書を引いてください。

あとクリーナーやクリームをブラシで直接塗ってしまうのは大嫌いです。
塗りすぎも意味がありません、化粧品と同じです。

片方のクリーニングが済んだら今度はもう片方のクリーニングです。
その間、クリーニングが済んですっぴんになった靴を外に干して呼吸させてあげましょう。

両方クリーニングが済んだら、今度は最初の靴にクリームを塗っていきます。
その作業中、もう片方を干しておくのは言うまでもありません。
透明のクリームが万能なのですが、靴と同色ならキズも消せるのでなおいいと思います。
布きれは替えましょう。
こすりすぎるとせっかく塗ったクリームをその場で落とすことになるので気をつけてください。

あえて茶色の靴を黒いクリームで磨いてアンティーク風のアジを出すエイジングや、クリームで磨いたものに水滴を落として磨き、またクリーム、そして水滴・・・最終的にピカピカに光るまでクリーム&水滴を繰り返すハイ・ポリッシュなど「磨き」には様々なテクニックがあります。

でも普通でいいと思います。
最も大切なのは靴を維持することだと思うので。

クリームを塗った後はなんか靴がどんよりして見えますが無視して干しましょう。
しつこいですがつけすぎはだめです。

クリームが乾いたら最後に仕上げ用の布きれの出番です。
僕は製品化された専用の化学繊維を使っていますが、女性のストッキングでも同じです。
パンストの中に腕をつっこむということは我々男性にとってはあまりない、非常に貴重な経験かと思います。

それで力を一切入れずにひたすら表面を軽くこすります。

イメージは高速愛撫です。

トゥやカカトのような凹凸のないところはウソみたいに光ります。
他の部分はやりすぎるとどうもウソっぽくなるので気をつけてください。
一度やってみると分かります、例えるならそれは体育館でスライディングした後の体操服です。

ちゃんと磨いてある靴はたとえ雨が降ってもそう問題ないと聞きます。
どしゃ降りは知りません、何事にも限度はあります。

そして最後に革底ならヨゴレを落としてからミンクオイルを塗って終わりです。

僕はセルジオ・ロッシを持っていますが、リクルート用に買った普通の革靴だって持っています。
でも履けば同じように磨きますよ。
愛着を持って磨くことは高い靴だけに求められることではありません。
モノを大切にすることが人の心を豊かにするという言葉を僕は信じているので。

そういう意味では汚れて革がガチガチになった高級靴が僕にとっては一番哀れです。
それを気にせず履いている人が、ということです。

靴を磨くことは男の特権だと思います。
だから少しくらいは優雅にいきたいじゃありませんか。

そんなことを言いながら、僕はいい靴を履いているとどうもうまく歩けません。
気をつかいながらゆっくり、一歩一歩大事に歩いてしまいます。

どうも僕にいい靴は合わないようです(笑)

でもそれが何だかその時間をしっかり大切に生きているような気がして僕は好きなんですけどね
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-02-07 21:57 | others

定義のない証明問題

人はうまく生きられないものです。
こんばんは、僕です。

神様は生きるということに対して僕らに問いかけることはしても、その答えまでは与えてくれません。
よってその問いに対する答えは存在しません。

きっとうまく生きる方法なんてないのでしょう。

「うまく生きることは逃げること」

だから僕はそう信じて生きてきました。
正しいとは思っていません。
しかし、答えがないのなら、その答えは自分で決めなければならないと思います。
つまりこれは僕の定理です。

人はどうしてうまく生きることができないのか?
その問いに対して僕はこう考えます。
生きるということに対する答えはない、だけどその答えを生きているうちに見つけなければならない、そして自分なりの答えで生きていかなければならない、だから人はうまく生きられない、と。

生きることは極めて数学的です。
例えるならそれは図形の証明問題でしょうか。
自分の定理を、自分が生きることで「間違いではなかった」と証明する過程です。
その過程は帰納的でもあり、演繹的でもあると言えます。
ただ図形の証明と唯一異なる点、それはそこに定義が存在しないこと。
だから、なかなか解けない(笑)

そういう意味では正しい生き方もこの世には存在しないのかもしれません。

「正しく生きることは逃げないこと」

しかし、僕はこう思いたいです。
ここにも同様に絶対的な正しさは存在しません。
僕がそう信じる、というだけです。

逃げないことは大変なことです。
越えても越えても、高い高い壁が、いくつもいくつもやってきます。
それに立ち向かい続けるわけですから。

しかし壁は越えられるから壁なんだと思います。

逆に越えられないものは何と呼ぶんでしょう。
そんなことは知りません。

時に壁と対峙し、自分がこれからどうなってしまうのかさえ分からなくなることもあるでしょう。
自信をなくしたり、未来が描けなくなってしまったりするかもしれません。

でも、それこそが正しく生きていることの証だと僕は思います。
いや信じます、もしくは願います。

今、目の前に高い高い壁があって、すぐには越えられないと思うなら、それを越えるために少しくらい休んでもいいじゃないですか。

高く跳ぶためには深くしゃがみ込むことが、そして遠くに跳ぶためには長い助走が必要なんですから。

それは逃げていることとは違います。

立派に立ち向かっていると思います。

うまく生きられなくても、十分すぎるほど正しく生きていると思います。

生きるという問いに対する答えがないから、うまく生きられないから、だからこそ人間は生きていけるような気がします
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-26 03:10 | others

掌を返す

たいほりえもん。
こんばんは、僕です

容疑者になってましたね、びっくりしました。

9時からしゃしゃり出てきた古館が心なしかうれしそうでした。

各局いっせいに掌を返したように悪者扱いなのは分かるのですが、そもそも「掌を返す」とはどっちからどっちに返すんですか?

イメージでは掌から手の甲に返すかんじですよね。
今まで開いていたものをふさぎこむような。

そんなことはどうでもいいですかね(笑)

でも手の甲から掌に返すのはなんか嫌ですね。
今まで黙ってたけどチャンスなんで、みたいな。
ハイエナ的なおぞましい感じがしません?

それで儲けてきた企業もあるんでしょうけど。
今のはさすがに笑えないですかね・・・?

ほりえもんの扱いは前者、ほりえもんを取り巻く環境は後者といったところでしょうか。

大人って嫌ですね
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-23 23:58 | others

国際電話

「おいっ!スケザネ見たぞー!!」
こんにちは、僕です。

今、何時やねん。

明け方の4時にスケザネの目撃情報なんて全くどうでもよいことです。
今ってミラノコレクションやってるんですか?

僕の友達4人は現在ヨーロッパを旅行中です。

そのときはちょうどイタリアにいたと言っていました。

僕は日本を守る、という理由で残りました。
パスポートがなかったんです。

嫉妬に狂う僕は、度重なる「チャオー♪」にすべて聞こえないふりをしました。

最近の国際電話ってほんとにクリアですね。
時々途切れますが、たまにはそんなこともあるでしょう。

通話料が高いのか、残念ながらイタリアの政治や経済状況についての彼らの見解までは聞くことができませんでした。
ただひたすら「服、安いぞー」と言っていました。
これが彼らの僕に対するメッセージです。

帰ってきたら「ベルルスコーニ政権と私」というレポートを提出させたいと思います。

でも電話を切るとき、小さい声で「よかったらディオールのタイ買ってきて」と言ってしまいました。
なんというか、ただただ情けなくて、悔しかったです。

「あ、ラメ入りの黒ね」
ただ、どんなときも僕は落ち着いています。




そういえばこんなことも言ってました。

「しかも、ジローラモの甥も見たぞー!!」

そいつ誰やねん
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-22 18:26 | others