カテゴリ:fashion( 84 )

ラングが

ユニクロ傘下?
こんばんは、僕です。

正しくはユニクロの手に堕ちたセオリーの手に堕ちた、的なかんじなんでしょうか。

デザイナーはクロークのデザイナーだそうです。

生きてるうちに自分の名前のブランドを売買されるのってどんな気分なんでしょうね
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-03-20 03:50 | fashion

続き

ディオールオムが手の届かない遠いところへ行ってしまいました。
こんばんは、僕です。

決して嫌いではないですよ。
すごく綺麗なコレクションだと思います。
そして攻めすぎた春夏に比べれば理解の及ぶ範疇です。
燕尾はエディにしてみれば軽いジャブでしょうか。

ただ去年の春夏のような純粋なカッコよさとはだんだん方向性が違ってきているように感じます。
個人的にあのコレクションは最高に好きでした。
「なっ、カッコいいだろ?」というエディの声が僕には聞こえました。

今回はどうでしょうか。

孤高でいることはある意味では簡単で、大衆と何かを共有しながらそれでいて輝くことの方がずっと難しいと思います。
だからディオールオムにはスーパースターではなくアイドルであり続けて欲しかったのです。

僕らが生きる「今」の空気を最高のレベルにまで昇華してくれるのがディオールオムの価値だと思っている僕にとっては厳かすぎるというか何と言うか・・・
少し寂しい気持ちになります。

嵐の前の静けさなのか、それとも、もう落ち着いてしまったのか。
そういう意味では次のコレクションが楽しみではあります。

悲しくなってきたのでこのあいだの続きです。
b0068714_201335.jpg

b0068714_2014631.jpg

バレンシアガのバッグとマルジェラのスニーカーです。

バッグは大きいのでよく入ります。
でも入れるものが見つかりません。

スニーカーは履きません。
見ているだけで満足です。
かわいくてたまりません。

いつものことながらお金はありませんが、心は潤っています
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-03-08 20:23 | fashion

羅列

ジーコのいとこです。
こんにちは、僕です。

最近またごぶさたになっていたので今日はfashionカテゴリを使いたいと思います。

最近買ったもの。

マルタンマルジェラ⑩のタンクトップ。

バレンシアガのスウェードのバッグ。

マルタンマルジェラ⑩のパンツ。

マルタンマルジェラ⑥の足袋スニーカー白&黒。

でも画像はありません。

実家からでした
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-03-06 14:25 | fashion

rainbow not in the sky but in my hand

かるく金髪にしてみました。
こんにちは、僕です。

好きな美容師さんに「あははー、頭悪そー!」と言われて傷心気味です。

マルジェラ⑥の足袋スニーカーです。
b0068714_15492615.jpg

何度もお話しているようにマルタンマルジェラは男性の足袋スタイルには否定的です。
理由はセクシーでないから。

ふーん。

でも欲しかったので買いました。
ただし履きません。
僕の認識ではこれはオブジェです。

僕の周りの多くの人間がこれを狙っています。
寝てるうちに盗まれそうです。
⑥のメンズサイズって案外手に入らないんですよね。
まぁ履くつもりがないので実はサイズなんてどうでもよかったんですけど・・・
でもどうせ買うなら自分のサイズの方がいいでしょ?

セルジュ・トラバルの7連リングです。
b0068714_1671441.jpg

それぞれに違う色の名前が彫られています。
つまり全部で7色、いわゆる虹、rainbowです。

7本もあるので違う指に2本、5本といった付け方もできるのですが僕は必ずまとめて7本同じ指にするようにしています。
だって虹ですから。
イメージは大事にしたい性格です。

imageという英単語は好きです。
実態がなくて、捉えどころのないあたりが特に。
人によって違う、というところもおもしろいですよね。
なるべくいろんなものに自分なりのイメージを持てる人間でいたいと思います。

何気ない生活を楽しいものに変える、というテーマで生きている僕にとっては非常に重要なことです
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-02-06 16:40 | fashion

乾燥機ブーム

マイDSを持っている中年、もっと頑張って脳を鍛えろ、そして自分が愚かだと早く気づけ。
こんにちは、僕です。

書き出しと本編は毎度のことですが関係ありません。
基本的にいつもここは瞬発力で勝負しています。

でも脳を鍛えたことで、今まで幸運にも気づかずにすんだことに気づいてしまうなんて不運ですね。
任天堂は残酷です。
人間ドックに体の悪いところを調べにいったら、本気で悪いところが見つかってヘコんでいたうちのオヤジを思い出します。

じゃあ行くな、と。

結局僕らは何も知らないことが幸せじゃないでしょうか。

gap pressで見たときから黒があれば買おうと思っていたTシャツです。
b0068714_1863390.jpg

今期の⑩ですね。
首元がゆるく、ところどころ肩をつまんで縫ってあります。
それによって生まれるシワ感がこのTシャツの価格を1ケタ昇華させています。

しかしサイズが46からだったので僕には身幅が少し大きく、ルックブックのモデルような雰囲気にはどうやってもなりません。
なんか「だるだるのTシャツを着た次男」のようです。
僕は長男なのに。

そこで、知ってはいたけどあえて封印していた禁じ手を使うことにしました。

乾燥機・・・

でも、どうしても気が進みません。
リスクが高すぎるのです。

このまま首だるだるの次男坊のままでもいいじゃない、うちの母ならそう言うでしょう。
しかし親離れの時はいつかやってくるのです。
僕は自己責任で生きていかなければならないのです。

ポイントは3つ。

まず洗うこと。
乾いたまま放り込むと、より乾いて出てくるだけ。
一切、縮まない、痛むだけ。

できるだけシワはのばして旅立たせること。
特に首元は念入りに。
逆に首をヨレさせたいときは一回引っ張って放り込む。

乾いたタオルと一緒に回すこと。
これは乾燥機の鉄則。
乾燥時間を大幅に短縮できるので。やっぱりダメージは少ないほうがいいかと。

結果的に僕は20分くらい回しました。

マルジェラのカットソー系は薄くてやわらかいものが多いのであんまり失敗はしないと思います。
肩と身幅がかなり改善されます。
まぁ好みにもよるんですが、体にあった感覚というんでしょうか。
トランクスよりブリーフの方が安心する、というような。

まぁもともと加工されているものはわりと勇気を持って送り出せますよね。
何かこの服、飽きてきたなーという倦怠期の方は一度試してもいいかと思います。
新しいものを買ったような錯覚にはなるはずです、たぶん。

うまくいって上機嫌の僕ですが、今後はもうやらないと思います。
調子に乗りすぎるといけない、というのは堀江容疑者が体をはって僕らに教えてくれたことですから
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-29 18:44 | fashion

シワシワドレスシャツ

パスポートを申請しました。
こんばんは、僕です。

卒業旅行でグアムに行くのです。
あと韓国にも行くらしいです。

事前に行き先くらい相談してほしいものです。

「これから韓国行くけどおまえも来る?」みたいなノリは困ります。

旅行はそれほど好きではないのですが、もう最後なので勢いで行こうと思います。

今年の目標は「シャツの充実」です。

シャツというアイテムは手入れが面倒なのであまり買うことがなかった気がします。
持っていても無印良品とか古着とかです。

去年のマルジェラ⑩のシャツです。
最近手に入れました。
シワシワです。
b0068714_0171033.jpg

だいぶ大人しくなっていますが、ショップで見たときはシワがやばすぎてアームホールに腕が入らないくらいでした。
コイツとがってるなー、と感じたことを覚えています。

でも肩から袖にかけての目立つところに、なぜか目立たないように同色で、チェーンステッチの縫い目を出したりしているあたりは、やはりさすが、といった作りになっています。
パッと見るとシワしか印象に残らないんですが、よく見るといろいろ遊びがあるんですよね。

「いい仕事してますねぇ~」
あのジジイも台本通りにそう言うでしょう。

前にもお話したようにマルタンマルジェラのシャツはバレンシアガやディオールオムよりストイックです。
サイズⅠではかなりしんどいです。

でもそう見せないように汚してみたり、しわくちゃにしてみたり、時にはびよーんとのばしてみたり、落書き(転写)してみたり。
けっきょく天邪鬼(あまのじゃく)なんですね。
例えるなら、それは人にほめられるのが恥ずかしくて悪ぶってしまう青春時代のジレンマような。
ピュアであるがゆえのアイデアであり、作品だと思います。

素直ならドレスシャツをしわくちゃになんかしないですもの。

でも、あたいアンタのそういうとこ嫌いじゃないよ
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-20 00:47 | fashion

イカ焼き

b0068714_2319232.jpg

阪神百貨店のイカ焼き、生まれてはじめて食べました。
こんばんは、僕です。

いつもは長蛇の列で全く僕の興味を惹かないのですが今日は誰も並んでいなかったので。
味に関しては「まぁ、なるほどね」と思いました。
これはデラバンとかいう名称で卵アリのタイプです。
普通のイカ焼きは120円です。
この値段は阪神電鉄の初乗り運賃と同じ、ということは大阪人が小学校で必ず習うことです。

といっても今日はイカ焼きだけ食べに出かけたわけではありません。

wjkに行ってきました。

沖縄から帰国するときに入荷連絡をもらっていたのですが、13.8kgのキャリーバッグを引きずって関空からあんなとこに行けるはずもなく今日になってしまいました。
欲しかったのは3Pカットソー。
3人でPするというような意味ではなく、素材違いの3枚セットというような意味。
僕が買ったのは長袖なので12600円でした。
単純に使い勝手がよさそうだなぁと思ったのです。

これです。
b0068714_2340374.jpg

縫製は悪いですが作品としてはいいです。
裏側のほつれまくってる糸をハサミで切りながらそう思いました。

切りっぱなしであることを生かしてあるので着ていく楽しみができます。
袖のカットなんかは洗うたびに良くなってくるんじゃないでしょうか。
b0068714_23551868.jpg

袖先に向かって立体的になっているんですが、画像のナナメの部分が1cmくらい「のりしろ」みたいになっています。
これが洗うことできっといい表情を生むはずです。
期待に反してここまでもがほつれまくったら悪口を書きます。

wjkはカルペありきなのでどうも気分が乗りませんが、これは別にそんなこと気にせずに欲しいと思いました。

どうか変な希少性を生まずにガンガン大量生産して欲しいです。
それだけを切に願います。
ヤフオクで地味に儲かりそうな気がしているのはきっと僕だけではないはずです。
そうなると純粋な良さがなくなってしまいます。

希少性とは意思で作りだすものではなく、必然性を持って生まれるものです。

「いやー頑張ってもなかなか作れないんす。」
カルペディウムなんかまさにそうですよね。

でもこれはそんなことはないと思います。

カルペ様のおかげでここまで来たんだから、せめてそこだけは正直にモノ作りをしてほしいと思います。

そうなればもう2セットくらいは買いますよ
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-17 00:23 | fashion

心の扉を開けるカギ

A4用紙、25枚にわたる僕の汗と涙の結晶を無事提出しました。
こんばんは、僕です。

あとは卒業まで遊ぶばかりです。
金髪にでもしましょうか。

さっそく春夏の入荷がありました。
b0068714_23152068.jpg

いきなり来たか、というかんじのマルジェラ⑪のアクセサリー。
カギ・モチーフのリングとピンです。
前期からアクセサリーは⑪ラインに変わってしまいました。
僕は前のままのほうが好きでした。
細かすぎるライン分けは雰囲気が薄まってしまうような気がして何か嫌です。

それにしても一番楽しみにしていたものが最初に来てしまいました。
僕はストロベリー・オン・ザ・ショートケーキはラストに攻める派なんですが・・・

リングは自分でサイズ調節できます。
僕は親指にしてます。
もちろんその日の気分で好きな指につけることもできます。
ただし調子に乗って曲げてるとすぐ折れるかもしれません。
そういう作りです。

ピンはラペルやポケットにつけられるようにクリップのようになっています。
タイピンにしたらおもしろいと思って買いました。
マルジェラの意図通りに使っても十分活躍はしてくれると思います。

こないだお見せできなかったメガネです。
b0068714_23362485.jpg

小竹長兵衛作です。
よく知っている方とかぶりました。
好みがよく合うので不思議ではありませんが、さすがに笑いました。
佐々木與市作を買うつもりが、欲しい型がどうしても手に入らず、結果的にコレを選んだのでまさに運命でしょう。
これからも仲良くしてください(笑)

カギと同じくらい楽しみにしていたものにルシアンペラフィネのVANSがあるのですが、これは残念ながら4月に遅れるそうです。
ケーキのくだりのように「好きなものは最後に」の僕にはちょうどいいんですけどね。

だから何の問題もありません。

きっとペラフィネのポップなスニーカーが僕の手元に届くころ、僕は銀行員です。

ただそれだけのことです
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-16 00:03 | fashion

セール

実家にいるとやはりどうしても書く気にならないものです。
こんばんは、僕です。

あけましておめでとうございます。

今日はセールに行きました。

UA御堂筋は相変わらずの人でしたが今年はダメでした。
よりによってUAのクレリックシャツ1枚という極めて控えめなスタートを切りました。

堀江は最悪です。
似たようなやつが100人くらいいました。
とにかくあれほどの若者を僕は一度に見たことがありません。
そして個人消費が伸び悩んでいるわけがないと思いました。
そんなに買うものある?というくらいみんな紙袋を持っていました。

それにしても、まさかアメリカンラグシーで並ばされるとは思ってもみませんでした。
当然、並ばず帰りました。
果たして入場を制限するほどの価値があるのか、いつかそれを明らかにしたいです。

セール時期といえば恒例の古着詰め放題ですが今年はみんなにバレたのかすごい人でした。
しかも大阪の人間は基本的に頭が良くないうえにマナーが最悪なので、ハンガーやら試着後の服やらが床に散乱してスラム街みたいになっていました。
足の踏み場もないとはまさにこのことです。

なので床の服を迷わず踏んで歩きました。
いたるところに足形の着いたジーンズが哀しそうにこちらを見ていました。
僕にはそれが耐えられませんでした。

でも再びそこを通る時、再びそれを踏みました。

今回はそんな状態でテンションもイマイチ上がらず、詰めるものが全くなかったので詰め放題対象外商品を詰められるだけ詰めて帰りました。

ごめんね。

とにかくマルジェラが開いていなかったことに対する行き場のない怒りをどこかにぶつけたかったのです。

まぁ明日マルジェラの店員にぶつければいいんでしょうけど
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-03 01:24 | fashion

僕は腕時計をしないので

みなさんはクリスマスをいかがお過ごしですか?
こんばんは、僕です。

やっぱり買うことにしました。

そして買いました。
b0068714_0161236.jpg

買ってよかった、と今はまだそう思っています。

今日はクリスマスイブということでさすがのボッテガもにぎわっていました
[PR]
by FC.ryouchan | 2005-12-25 00:21 | fashion