国際電話

「おいっ!スケザネ見たぞー!!」
こんにちは、僕です。

今、何時やねん。

明け方の4時にスケザネの目撃情報なんて全くどうでもよいことです。
今ってミラノコレクションやってるんですか?

僕の友達4人は現在ヨーロッパを旅行中です。

そのときはちょうどイタリアにいたと言っていました。

僕は日本を守る、という理由で残りました。
パスポートがなかったんです。

嫉妬に狂う僕は、度重なる「チャオー♪」にすべて聞こえないふりをしました。

最近の国際電話ってほんとにクリアですね。
時々途切れますが、たまにはそんなこともあるでしょう。

通話料が高いのか、残念ながらイタリアの政治や経済状況についての彼らの見解までは聞くことができませんでした。
ただひたすら「服、安いぞー」と言っていました。
これが彼らの僕に対するメッセージです。

帰ってきたら「ベルルスコーニ政権と私」というレポートを提出させたいと思います。

でも電話を切るとき、小さい声で「よかったらディオールのタイ買ってきて」と言ってしまいました。
なんというか、ただただ情けなくて、悔しかったです。

「あ、ラメ入りの黒ね」
ただ、どんなときも僕は落ち着いています。




そういえばこんなことも言ってました。

「しかも、ジローラモの甥も見たぞー!!」

そいつ誰やねん
[PR]
by FC.ryouchan | 2006-01-22 18:26 | others
<< 掌を返す 裸の王様 >>